新たな治療法と疾病|脊柱管狭窄症も回復可能!

男性

腰椎すべり症との関連

woman

腰椎分離症との関連

脊柱管狭窄症というのは、いろいろな要素によって、神経が通っている脊柱管が狭くなる疾患です。神経が通っている場所が狭くなるということは、神経が圧迫を受けて、神経症状が起こります。こうした脊柱管狭窄症で、脊柱管が狭くなる原因の一つが、腰椎すべり症という疾患です。腰椎すべり症は、第4と第5腰椎に多発します。このうち第5腰椎は、腰椎分離症との関連性が、指摘されています。腰椎分離症は、若年者に起こる疲労骨折の一つで、その疲労骨折が治療されないままになったものです。この骨折部分が離開して、腰椎の位置がすべったものを、腰椎分離すべり症と呼んでいます。腰椎分離すべり症は、腰椎分離症を改善しておけば、発生しない疾患です。したがって、脊柱管狭窄症の予防のために、腰椎分離症の治療が盛んになると予測されています。

腹筋が人気です

脊柱管狭窄症の原因になる、腰椎分離すべり症以外のすべり症を、腰椎変性すべり症と呼んでいます。腰椎変性すべり症は、腰椎分離症のような、明確な原因は解明されていません。しかし、その要因として指摘されているのが、筋力の低下です。腰椎変性すべり症があっても、脊柱管狭窄症の症状を呈する人と、呈さない人に分かれます。この症状出現の有無に関与する一つが、筋力なのです。なかでも治療において重視されているのが、腹筋です。腰椎変性すべり症になると、腰椎の前弯が強くなります。この腰椎の前弯とは反対に、腰椎を後湾させる作用をするのが、腹筋なのです。腹筋は、器具を使用しなくても、手軽に筋力を増強出来るので、治療において人気があります。

準備しておくことが大事

doctor

生きていれば、怪我をしてしまったり、病気を患ってしまうこともあります。そのような場合に、たいていの人は病院に足を運ぶでしょう。平野区にも多くの人が通院している病院があります。いつどのような災害や病気に見舞われるかはわからないものなので事前に病院をチェックしておきましょう。

この記事を読む

第4のがん治療法

女性

免疫療法はT細胞を活性化するがん治療法のひとつで、第4のがん治療法とも呼ばれています。現在行われている臨床実験結果を発表することでその効果は世の中に知れ渡ります。その結果、今後は免疫療法がドンドン普及していく事が予想されます。

この記事を読む

前兆と予防

自然

心筋梗塞は突然心臓付近の血管が詰まってしまう恐ろしい病気です。半数以上の人は何の前触れもなく発症しますが、残り半数の人は胸の痛みなどの前兆があります。予防には禁煙とバランスの取れた食事が最適です。青魚は特にお勧めです。

この記事を読む

Copyright© 2015 新たな治療法と疾病|脊柱管狭窄症も回復可能!All Rights Reserved.